● Bed Room (2007)

Img_74761cf8aea1a129248053e5e89f0a10
Img_518eed6139fc5893ffa61c331d184b9b
Img_7be0892dcd8a788432d39a30e846ee31
Img_f769a48b6d3ea786695004dc683ac1eb
Img_3967567bd8dcffd63c126ce57215dd53
Img_31baaedc7bffe91c377150151e78b0c4
Img_ee6be5b74f675a3f1c57dfd25d5776a8
Img_03bca07a0cef55eeaa674508d5772ace
Img_ae436d341472238f0429fda280174fa0
Img_fbc502326dbae8c81f8133e57c4eaeb4
Img_400fac841139daff97f934f9320a2cfe
Img_f61e64b39a7298c39c1a349dd8d18293
Img_7fce998ed5591ffc907a1ff1a463bb39
Img_1f1165dd1394f1dfb49cf8bda37fc3b3
「Bed Room」について。

ホワイトキューブなギャラリーの中心に(自身の使っていた)ベッドを配置。
まるでアトリエのようなベッドルーム空間をつくりました。
イラストやコラージュの平面作品だけでなく、雑貨やオブジェなど自由に飾り
ギャラリー全体がおもちゃ箱をひっくり返したような展覧会。


作品以外のギャラリーに持ち込む荷物の量が多くて、
友達にトラックを出してもらったり、搬入が大変だったと記憶しています。
はじめて活動をはじめた場所、ガレリア・セロでの個展も4回目で
当時の自分にしかできないパッションが感じられて、今でも良い展示だと思います。