● ZOO MATCH (2013年)

Img_57053688734ce7fd24a61a3865fd1483
Img_cd4ea9b5aa5acec36a26d782cea542b3
Img_39b15d9e4ad0301e383aa2bd6ca43913
2013年11/6 (水)〜11/26(火) DMOARTS
オープニングパーティ:11月9日(土)18:00-20:00

マッチ箱をコラージュして生まれた
色とりどりの小さな動物たち。

どこか人懐こくって愛くるしい表情の様々な動物たち。
digmeoutアーティスト、中村muchoよしてるの新作が
DMOARTSの壁を埋め尽くします。そこはまるで小さな動物園のよう。
素材のマッチ箱は、今ではあまり見かけることの少なくなった
かつての喫茶店、レストラン、スナック、外国のパブやモーテルのもの。
レトロなマッチラベル、それぞれのデザインも楽しい。
すべて1点もののコラージュ作品を展示販売します。

Img_8c18076afed839a506235ab5ae6ff917
Img_eba722f163ff7e40b1263ee4eb44aee6
Img_dd21086b61ec3588ff80976bd190d9f9
Img_a6c5aeb5c93bf6e81d1c3f5e4c50b907
Img_758aec3290a657c28044dbb6346acb65
Img_02be31c4b353e021a730e188714f078f
Img_5cb2f3cf12f1f3102fbeb05d1fa3450e
Img_32802567cbc57844a9625fbb68b33010
Img_ebaea1868fcbae56fe3b1679bee580b4
マッチ箱をテーマに新シリーズをはじめました。

マッチ箱の紙の質感と、古着Tシャツのソフトな質感は相性がよく
ダメージや色あせ具合など、素材が自然になじむことを発見して
自分の好きな地味カラフルな色をつくることができました。
マッチ箱そのもののレトロなデザインも生かせるのも面白いと思い、
動物などキャラクターに変化させることで小さな作品が生まれました。
小作品(10×15cm)60点。中作品(24×30cm)15点を展示しました。

この頃、日中の仕事と、夜の作品制作の両立がむずかしく、ムリがたたって
個展開催1ヶ月前に体調不良で倒れてしまい、2週間ほど入院することに。
周りの人にたくさん心配をかけ、助けてもらい、回復しました。
そして無事に個展を開催することができました。自身を見直すキッカケの展覧会。

雑誌カジカジやmeetsのアート情報ページや、
FM802タイムテーブルの表紙絵や、番組BEAT EXPOでも紹介いただきました。